画像
レガシー アイドリング不調 葛飾区堀切

  • HOME
  • 整備
  • レガシー アイドリング不調 葛飾区堀切

葛飾区堀切K様 レガシーアイドリング不調の事例です。(平成18年式 走行距離65,000km)

アイドリング時にエンジン回転数がハンチングする

 アイドリング時にエンジン回転数がハンチングする

特にエンジン冷間時はアイドリング回転数が落ち着かず、上下しています。
スパークプラグは異常なし、外部診断機にて自己診断しても正常。

フロントO2センサー(A/Fセンサー)取り付け状況

 フロントO2センサー(A/Fセンサー)取り付け状況

点検していくと、怪しいのがフロントO2センサー(A/Fセンサー)、エアフロメーターです。
フロントO2センサーのコネクターを外すとフェイルセーフが働き、アイドリングが落ち着きました。
よって、交換するのですが取り付け位置が右前のエキゾーストパイプなので(熱い)。
エンジンをよく冷やしてから作業開始です。

フロントO2センサー(A/Fセンサー)

 フロントO2センサー(A/Fセンサー)

レガシーBP5のフロントO2センサー(A/Fセンサー)は純正品で交換しました。
社外も出ていますが社外だと同じ症状が再発する可能性が高いそうです。
部品代と工賃合わせて¥30,000 くらいかかります。

整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!